左近衛中将 足利

発行者: 11.09.2021

帰京後も、義貞は尊氏討伐の全軍指揮官の地位にあったらしく [] 、『太平記』には1月に義貞が各所に軍勢の配置を行っている記述が見られる。最初の内は、まだ総大将である尊氏、義貞らが陣頭に姿を現さず、小競り合いが続いたが、やがて尊氏に合力して山陰道から進撃してきた軍勢と尊氏の本隊が合流する。さらに、中国、四国地方の軍勢を糾合した 細川定禅 軍もこれに合流した。10日、淀川近辺で両軍は激突する( 淀大渡の戦い )。この戦いは義貞らの敗北に終わり、後醍醐帝は遷幸し、義貞もこれに供奉した。京都は足利尊氏の軍勢に占領されることとなった。.

後醍醐帝による新田一族切捨てと尊氏との和睦は、『太平記』にしか見られない記述であり、創作の疑いもある [] 。しかし、宮方がこの日を契機に分裂したことだけは確かである。新田一族の大半、洞院実世、 千葉貞胤 、 宇都宮泰藤 は義貞に随行したが、大舘氏明、江田行義、宇都宮公綱、菊池武俊らは後醍醐帝に随行した [] [] 。.

敗退した義貞は伊豆で軍勢を建て直し、さらに西へと逃れる。途中、 天竜川 にて橋を架けて渡る [] 。『梅松論』によれば、義貞は三日の内に橋を作るよう命じ、橋が作られるとそれを渡って西へ逃れた。全軍が橋を渡った後、追撃してくる足利軍がこの橋を渡れない様、橋を切り落すべきであると義貞の部下が提案するが、義貞は「橋を切り落すのは確かに軍略の一つだが、敵の追撃に対する焦燥からあわてて橋を切り落して逃げたと思われては末代までの恥である」として、橋を切り落す提案を受け入れなかった [] 。足利勢はこの話を聞き、義貞の態度に感服した。また、世間も義貞の潔さを称賛した。『 源威集 』にも、ほぼ同様の記述がある。.

応永 25年 1月24日 ( 年 3月1日 ). 明治維新後に岩松氏、由良氏ともに 明治政府 に義貞の子孫として認定され、新田氏に復姓した。いずれが新田氏の嫡流かを巡って争った末、岩松氏が嫡流と認められ、 華族 として 男爵 に叙されている。. 義勝の協力を得た義貞は、更に幕府を油断させる為、忍びの者を使って大多和義勝が幕府軍に加勢に来るという流言蜚語を飛ばした。翌16日早朝、義勝を先鋒として義貞は2万の軍勢で分倍河原に押し寄せ、虚報を鵜呑みにして緊張が緩んだ幕府軍に奇襲を仕掛け大勝し、北条泰家以下は敗走した [53] 。義勝の加勢の背景には、恐らく 足利高氏 による 六波羅探題 滅亡の報が到達しており、幕府軍の増援隊の寝返りなどがあったのではないかとも考えられる。いずれにせよ、分倍河原における義貞の勝利はその後の戦局に大きな影響を与えた [59] 。.

敗北した足利軍は再度軍勢を束ねて、 年 (延元2年)1月18日に金ヶ崎を攻めた [] [] 。 高師泰 を総大将とし、斯波高経の他に、 仁木頼章 、小笠原貞宗、 今川頼貞 、 細川頼春 ら6万の大軍を差し向け、さらに海上にも水軍を派遣して四方から金ヶ崎を包囲した [] [] 。足利軍は総攻撃を仕掛けるが、最初は義貞達が優位な形勢にあった。さらに、一度は足利についた瓜生保が翻意して義貞に味方した。金ヶ崎城を包囲していた斯波高経の軍勢は、義貞と瓜生保に挟まれてしまうこととなった。さらに足利軍へ兵糧を補給する中継地であった 新善光寺城 を瓜生保が陥落させることに成功した [] 。. 鎌倉末期から南北朝の混乱の時代にあって、 足利尊氏 の対抗馬であり、好敵手でもあったという評価がある [4] 。こうした評価は 歌箱根の山 寄りの史書『 梅松論 』(14世紀半ば)に早くも現れ、義貞は「疑なき名将」 [] として登場し、同書中では楠木正成さえも軍事的才能については義貞に一目置いており、義貞は「 関東を落す事は子細なし 」 [] [] (鎌倉幕府を滅ぼす程度は容易くできる)と正成の口から絶賛される。尊氏に仕えた武将が記した『 源威集 』(14世紀後半)でも「建武ニ義貞、文和ニ将軍(中略)共ニ名将」 [] と、義貞と尊氏が同格の名将として並称されている。山本は、歴史上の義貞も関東の地形や北条軍の配置を熟知していたと見られ、特に 分倍河原の戦い での優れた差配が、元弘の乱の関東方面での後醍醐勢力勝利への転換点となったことを指摘する [] 。その一方で、『梅松論』に登場する正成は、人望については、義貞よりも尊氏の方がより多くを集めていると義貞を低く評価する じゃがいも おやき ダイエット 。この点について、山本は、義貞には戦は武士のものという鎌倉武士的な固定観念があり、 公家大将 と連携が取れず、また寺社勢力との繋がりが弱かったという弱点があったのではないかとしている [] 。.

13 [] [] [] [] [] [] [] [] [] []. 4 2 左近衛中将 足利. 22 4 5 [65] [] [] ? : 14 ?

尊氏の奇襲作戦は奏功したが、湊川合戦における正成、義貞の敗北の何よりの原因は、兵力の多寡にあるとされる [] 。『太平記』においては、正成、義貞共に、「敵は勢いに乗り大軍を率いているが、一方我々の軍勢は疲弊して人数も少なくなっている」と語っている。また、義貞と正成の間に戦術面における連携の不備があったとも言われる [] 。.
  • その日のうちに、義貞はまず生品明神から北方の笠懸野に出て、東山道を通って上野国中央部において幕府方に圧力をかけながら進み [48] 、その晩に 越後国 の里見・ 鳥山 ・ 田中 ・大井田・ 羽川 といった新田一族ら越後の先発隊騎と利根川で合流した [49] [48] 。『太平記』によれば、彼らは 山伏 から義貞決起の情報を聞かされ馳せ参じたとされる [49] 。その後、 碓氷川 を渡って八幡荘に到着し、越後の後陣、 甲斐源氏 ・ 信濃源氏 の一派などの各地から参集した軍勢騎と合流して、義貞軍は7,の大軍に膨れ上がった [48] 。八幡荘に総結集して態勢を整えると、5月9日に義貞は武蔵に向けて出撃した [48] 。.
  • 湊川での敗戦の報を聞き、宮方は5月27日に東坂元の 比叡山 に遷幸する [] 。義貞の軍勢は湊川での敗戦などにより四散して騎にまで減少していた。義貞は近江東坂本に本陣を置いた [] 。29日には、足利方によって京都が占領される。6月14日に尊氏は光厳上皇を奉じて京都東寺に入り、後醍醐帝、義貞と睨み合った [] 。以降、6月から8月にかけて、京都を巡る攻防が展開される。6月20日には、足利方の西坂本の総大将である 高師久 を激戦の末捕らえ、 延暦寺 の大衆に引き渡して処刑がなされている。.

Column 京都「人生がラク」になるイイ話

義貞 、 アマゾンズ 駆除班 銃 、 大舘宗氏 室. 同年7月4日、三好氏の惣領たる長慶が病死した [] [] 。長慶の死後、三好氏は長慶の甥で十河一存の息子・ 三好重存 (のち義継に改名)が新たな惣領となり [] 、 三好三人衆 や松永久秀、その長男・ 松永久通 が補佐にあたった [] 。だが、長慶をはじめとする三好氏の主要人物が死んだことにより、三好氏の権威低下は決定的なものとなり、衰運に陥った [] [] 。一方、義輝の権威はこれを機に上昇し、幕府権力の復活に向けて、さらなる政治活動を行なおうとした [] 。. しかし、傀儡としての将軍を擁立しようとする三好氏にとっては、将軍としての直接統治に固執する義輝は邪魔な存在であった。三好三人衆らは阿波の足利義維と組み、義維の嫡男・ 義栄 (義輝の従兄弟)を新将軍にと朝廷に掛け合うが、朝廷は耳を貸さなかった。一方で、義輝が頼みとする近江の六角氏は永禄6年8月の 観音寺騒動 以降、領国を離れられなくなっていた。.

文保 2年( 銀魂 宇宙人 アニメ ) 1月2日 、父の朝氏が45歳で死去したことにより、義貞が新田氏本宗家の家督を継承し、8代当主となった。. カテゴリ : 室町幕府の征夷大将軍 剣客 足利将軍家 従一位受位者 暗殺された武将 年生 年没. 正和 3年( 年 )、13歳で元服したことが『筑後佐田系図』に示されているが、この史料は信頼性に乏しいとされる [15] 。文保2年( 年 )には、義貞が 長楽寺 再建のため、私領の一部を売却していることが文書に記述されていることや、その際に 花押 を使用していることから、少なくともこの年以前には元服していたと考えられる [16] 。.

永禄元年以降、義輝は帰京したのち、三好長慶ら三好氏を支柱とし、政治的立場を安定させた [] 。義輝の治世は実質的にここから始まり、またそれを補佐したのは上野信孝と 進士晴舎 であった [] 。また、義輝の生母・慶寿院やその兄弟の近衛稙家、大覚寺 義俊 、聖護院 道増 、久我晴通らが補佐した [] 。.

  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. しかし、義貞、顕家らが円滑に連携することはできなかった。1月に 青野原の戦い で土岐頼遠、高師冬らに快勝した顕家は、進路を転じて伊勢を経由して奈良へと向かった。その後は苦戦が続き、最終的に顕家は5月に和泉堺浦・ 石津 で足利軍に敗北、戦死した( 石津の戦い )。.
  • 義貞らが東へ進路を取ったのは遠回りをしたのではなく、その延長線上にある越前国府を目指し、そこを拠点とするためではなかったかという見解もある [] 。しかし、越前国府は既に足利方の斯波高経に支配されていたため、西へ進路を代え、敦賀へ向かうことになったのではないかと推定されている [] 。. 義満の死後、義嗣は「新御所」と呼ばれるようになった [12] 。6月7日、義持が北山第に移り、義嗣は母春日局の屋敷に移った [12] 。.

12 [96] [] [96].  6        .

生きて行くと言うことは考える事である。何をして何を食べて何に笑い何を求めるか、全ては考える事から始まるのだ。

天文17年4月、定頼は大和に入り、氏綱派の遊佐長教と面会し、晴元派と氏綱派の和解を取り付けた [27] 。これにより、細川一門の騒擾は収まり、畿内の政情も安定した [27] 。そのため、6月17日に義藤と義晴は坂本から京へと戻り、今出川御所に入った [13] [27] 。. この頃、建武政権では足利尊氏と護良親王による政争が起こっていた。『梅松論』は、義貞が親王、楠木正成、 名和長年 らと結託して、尊氏に対して軍事行動に及ぼうとすることが度々あったと記する。義貞や親王が尊氏に対して軍事行動を起こそうとした旨の記述は梅松論以外の史料には見られないが、実際にそのような動きがあったかもしれないと考えられている [87] 。.

奥富敬之は『太平記』におけるこれら一連の奏状合戦の記述から、未だ護良親王殺害が明確に知らされていない中で義貞が迅速にこれを察知したこと、弾劾状をつきつけられた時にまるであらかじめ弾劾状をつきつけられることが判っていたかのごとく、即座に反駁の奏状を提出できたことは、足利尊氏、直義兄弟の側近に新田側への内通者がいた可能性があると分析している [] 。.

Walker 土井利一 『土屋光逸作品集 Meiji to shin-hanga,watercolours to woodblocks』 近江ギャラリー出版 年、p.

51 []. 25 124 [14] 25 [16]. 3 9 3. PDF .

そのため、義藤は晴元や近衛稙家らとともに京を離れ、北へと向かった [76] 。まず、杉坂に下り、3日に丹波山国庄の浄福寺に、5日は近江龍華に至った [76] [77] 。だが、長慶は「将軍に随伴する者は武家・公家に関わらず、知行を没収する」と通達したため、公家の 高倉永相 をはじめ随伴者の多くが義藤を見捨てて帰京し、義藤に従う者はわずか40人ほどになった [58] [78] [79] 。また、 伊勢貞助 や 結城忠正 のように奉公衆でありながら、三好氏の家臣に準じた立場で活動する者も現れるようになった [66] 。. 正和 3年( 年 )、13歳で元服したことが『筑後佐田系図』に示されているが、この史料は信頼性に乏しいとされる [15] 。文保2年( 年 )には、義貞が 長楽寺 再建のため、私領の一部を売却していることが文書に記述されていることや、その際に 花押 グランマギアー スキル振り [16] 。.

足利尊氏が落城直後の3月7日に 一色範氏 と 島津貞久 に充てた 御教書 には、義貞以下悉く、新田勢を誅伐した、という記述がある [] 。尊氏は、義貞をこの戦で討ち取ったと思い込んでいたが程なくして、義貞が生き延びたことを知った。越前の南朝勢力への攻撃は以前と比べると激しくなくなり、新田一族が再び勢いをつけてゆくことになる。尊氏は、南朝勢力の内、義貞や彼が奉じた二人の親王のいる越前に最も兵力を割いていたが、これは二人の親王を奉じてさらに多数の公家を随伴させている義貞の勢力が、自分に敵対する政治勢力として規模が大きく、京都に近い越前を根拠地としていることも合わさり、南朝の勢力の中でもっとも脅威になると尊氏の目に映っていたからだと考えられている [] 。しかし、金ヶ崎城が陥落し、二人の親王がそれぞれ自害、あるいは捕虜となり、義貞と離れたことで、この脅威が払拭され、越前攻めの勢いは衰えた [] 。.

その後、5月18日までは京では平穏な状況が続いた [] 。公家の山科言継や 勧修寺晴右 の日記などを見ても、ただ事実が淡々と記載されているのみである [] 。他方、宣教師 ルイス・フロイス の『日本史』では、同日に義輝が危険を感じて二条御所を出たものの、近臣らに説得されて戻った、と記されている [] 。. 同年6月、義藤が伊勢貞孝らの反対を押し切って、山名氏や赤松氏の守護職を奪い、尼子晴久を8か国守護に任じたことで、幕府内に動揺が生じた [61] 。.

21      . [] []. [] 25 [] [] [] ! [] [] []. 17 51825 カゲプロ占いツクール無口 []. - -. [97] [97] .

その日のうちに、義貞はまず生品明神から北方の笠懸野に出て、東山道を通って上野国中央部において幕府方に圧力をかけながら進み [48] 、その晩に 越後国 の里見・ 鳥山 ・ 田中 ・大井田・ 羽川 といった新田一族ら越後の先発隊騎と利根川で合流した [49] シスターシャークティ 。『太平記』によれば、彼らは 山伏 から義貞決起の情報を聞かされ馳せ参じたとされる [49] 。その後、 碓氷川 を渡って八幡荘に到着し、越後の後陣、 甲斐源氏 ・ 信濃源氏 の一派などの各地から参集した軍勢騎と合流して、義貞軍は7,の大軍に膨れ上がった [48] 。八幡荘に総結集して態勢を整えると、5月9日に義貞は武蔵に向けて出撃した [48] 。.

義顕 、 義興 、 義宗 、娘( 千葉氏胤 室)、 嶋田義央 京都 指輪 手作り 嵐山 [注釈 3] 、 熊谷貞直. 同月23日、義藤は三好氏と和解したことにより、近江の朽木を出発し、翌24日には比良を経て比叡辻に至り、28日には近衛稙家ら3千を率いて京へと入った [51] [55] [56] 。義藤は入京の際、衣装や刀を美々しく飾り立てた数千の兵を率い、多くの見物人の前を堂々と進んだという [57] 。帰京後、義藤がどこに住んだのかは定かではないが、今出川御所に居したと考えられている [55] 。.

ざっと、主な位を挙げてみましたが、このうちの一つだけでも十分、権力者として通じるものばかりです。ちなみに義満が最初に任じられた「征夷大将軍」は、源頼朝がこの位を得たことで鎌倉幕府を開くことができたほどステータスの高い位です。その後、徳川家康も歴代の江戸幕府の将軍も、征夷大将軍に任じられることが将軍になる条件のようになっていました。  義満が24歳のときに任じられた「左大臣」は、「右大臣」と並ぶ朝廷の最高機関で、平安時代に天皇の摂関政治を行っていた藤原道長や藤原頼道が就いていた位です。つまり義満は、公家でさえなかなか手の届かない官位に次々と任じられていたことになります。  また、そんな環境で育ったことが、義満の価値観を大きく変えたようです。義満が「南北朝の統一」を成し遂げたまでは良かったのですが、その後、「日明貿易」に熱中するあまり、自分を「日本の国王」にしてしまったのです。  当時、明(現在の中国)は世界をリードする存在で、明には日本にはない質の高いモノや文化がたくさんありました。義満はそれが欲しくてたまらなかったようです。  ところが明は、貿易相手国は明の属国になること、その上、明と取引できるのは国王だけと定めていました。これについて朝廷は「属国になるなど、とんでもない」と拒否しましたが、義満は明との交易を優先して、自分を「日本の国王」とし、交易のために明の属国になる方向へ話を進めたのです。  室町時代の外交文書を記録した『善隣国宝記』には、明との国交樹立を独自に模索し、明皇帝から日本国王と認められた義満の返書に「自分は日本国王であり、明皇帝の家臣である」とする文言が記されています。  さすがに、これには朝廷も黙っていませんでした。天皇の立場をないがしろにするとして義満を激しく非難します。勝手に「国王」になって、日本を明の「属国」と認めたのですから当然といえるでしょう。.

26 [15] [17] [18] 3 [17]. 33 [] 25 []. 15 87 .

有用? リポストしてください!

評価:4

最新ニュース